ユタメモ

増やすのが難しいなら減らしていこう

ドコモポイント 計算方法

どーもブログ管理人ユッタになります。

 

今回はドコモの携帯利用料金に対してどのくらいポイントが還元されるのかについて説明したいと思います。dカードのホームページを見ると

 

毎月のドコモケータイ/「ドコモ光」ご利用料金の10%ポイント還元!1,000円(税抜)につき100ポイント!って定義されています。

dカード | dカード GOLDのご紹介

 

とゆーことは、月々15,000円払ってるから毎月1500ポイントももらえるじゃん!ラッキーって思って契約すると、ポイントが付与された時、あれっ700ポイントしかもらえてない。。。なぜだーってことになっちゃいます。

 

まあその下に細かくいろいろ書かれてるんですが、小さすぎてよくわからん。。でも大丈夫です!ポイント計算方法を解説しますので、ぜひ計算してそれでプラスになるようであればdカードゴールド、検討してみてください!それでは

まずMy docomoから料金を開いてみましょう。

My docomo | NTTドコモ


1.基本使用料(計)    2,700円 

2.パケット定額料等(計) 4,900円

(シェアパック5) 

3.その他ご利用料金等(計) -1,695円

4.端末等代金分割支払金  3,000円

5.消費税等相当額(計) 712円


合計9,617円(税込)


ここでポイントに関わってくるのは1.2.3となります。

 

端末等代金分割支払金は支払っているのにポイント対象外なんですね!そこ結構大きいのにー!!

2のパケット定額料なんですがシェアパック5の料金は6,500円なんですが、ドコモ光セット割800円とずっとドコモ割800円が引かれているので合計4,900円が対象となります。

続いて一番厄介なのが3.その他ご利用料金になります。

ちなみに3.その他ご利用料金の内訳は

○Spモード利用料
300円            

○dマガジン利用料
400円 

○ケータイ補償iphone&ipad600
600円   

○ドコモWi-Fi利用料(spモード)
300円

○永年キャンペーン割引料(ドコモWi-Fi
-300円

○月々サポート適用額
-2997円

ユニバーサルサービス
2円

まずポイント対象となるのが

Spモード利用料

dマガジン利用料

ケータイ補償iphone&ipad600

ユニバーサルサービス

支払っているものは対象となり、合計1,302円となります。


そして月々サポート適用額は税抜きされた金額がマイナスになります。つまり2775円分、合計額から引かれてしまいます。よって


基本使用料(計)         2,700円

パケット定額料等(計)      4,,900円

その他ご利用料金(支払っているもの)1,302円


月々サポート適用額(税抜) -2,775円


これらすべてを計算するとポイント対象合計金額は6,127円。


つまり1,000円(税抜)につき100ポイントってことは600ポイントゲットーーとなります。端数の127円は切り捨て侍登場によりザックリ切られます。。うわぁー


どうでしょうか?!ポイントの計算できましたか?!

 

端数が切り捨てられるんで6,950円とかだったらかなり痛いですね。安いサービスつけたほうが得なのでは…そこは考えようです。

 

でも年会費10,800円をペイするためには月900ポイントはゲットしたいところです。

 

でも安心してください!履いてますよ。
最近見ないなー!

 

って言ってる場合じゃなく、10%対象となるものがまだあります。それは

家族カード&ドコモ光です。

 

ドコモをお使いなら【ドコモ光】


そこをうまく使って行けば900ポイント、いやさらにそれ以上に毎月安定してポイントをゲットできます。

 

dカードゴールドは家族カード&ドコモ光で最強になる

 

みなさん、賢く削減して生きましょう。

ユッタ


dカードゴールドとドコモ光のペアは最強です。一度ホームページで確認してみてください!最強です!